【3/2】第64回 建築人間工学小委員会研究会「身体活動量による住宅評価~高齢者の生活行為を中心に~」

0 評価

超高齢社会の日本では、住宅・建築のバリアフリー化は、高齢者が日常生活に必要な体力を維持して健康的な生活を送るための喫緊の課題である。とくに生活の中心である住宅内における活動をできるだけ維持していくことは、QOL に大きく影響する。
しかし、既存の住宅におけるバリアフリー化は、必要が生じたときの個別改修にとどまっていて介護負担の軽減、改修コスト、介護コスト等を総合的に踏まえたバリアフリー評価に基づく効果的改修技術の提案にまでは至っていない。そこで本研究会では、現状の問題点を踏まえ、健康的な生を支えるための住宅のバリアフリー化のあり方を、身体活動量(Mets= Metabolic equivalents)の視点から議論する。


日程 :2018年3月2日(金)
時間 :13時30分~16時30分
会場 :建築会館 3階 会議室(東京都港区芝5-26-20) googlemapで開く
料金 :一般1,500円、学生500円(資料代含む/当日会場払い)


関連ホームページ:http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2017/20180302_j320.pdf

質問 4 日 公開 セミナー / イベント 事務局 (19,330 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...