【3/2】シンポジウム 遠郊外大型戸建て住宅団地は今 —住宅地開発のその後の動向を追う その3—

0 評価


 

少子高齢化・人口縮小時代の現代において、高度経済成長期の文脈の中で量産された住宅団地の抱える問題は大きい。当シンポジウムでは、遠郊外の大型戸建て住宅団地に該当する上郷ネオポリス・鳩山ニュータウン・コモアしおつ・布佐平和台を対象に、それらの現状報告と「ストック活用」「コミュニティ再生」「住宅団地のライフサイクル」をテーマに討論し、遠郊外戸建て住宅団地の未来を探る。

◇コメンテーター
藤村龍至・小場瀬令二

日程:2018年3月2日(金)
時間:15時〜17時30分(14時30分受付)
会場:日本大学理工学部 1号館 第2会場(132教室)
  (東京都千代田区神田駿河台1-8-14)googlemapで開く
料金:一般1,500円、学生無料

関連ホームページ:http://kanto.aij.or.jp/images/pdf/symposium/2018030204.pdf

質問 Feb 2 公開 セミナー / イベント 事務局 (20,110 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...