【3/7】シンポジウム「建築構造における強非線形問題への数値解析による挑戦」

0 評価


 

本シンポジウムは強非線形問題の理論と応用小委員会の活動成果として、建築構造における崩壊問題あるいは接触問題といった強い非線形性を有する問題に対して現在認知されている理論を整理するとともに、強非線形問題の範疇となる様々な実現象を解く場合の数値解法および解析モデルについて具体的事例を交えながら紹介する。また、理論上あるいは解法上いまだ課題として残されている事項について問題提起していく。なお、『応用力学シリーズ13:建築構造における強非線形問題への数値解析による挑戦』(2018年3月刊行予定)は、シンポジウムの参考資料として役立つ。建築構造技術者、大学院生、若手研究者の方々の積極的な参加を期待したい。


日程 :2018年3月7日(水)
時間 :13:00~17:30 
場所 : 建築会館ホール(東京都港区芝 5-26-20) googlemapで開く
料金 :  会員4,000円、会員外5,000円、学生2,000円 
申込締切: 2018年 2月21日(水)


関連ホームページ:http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2017/180307.pdf

質問 Jan 26 公開 セミナー / イベント 事務局 (20,110 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...