建築士ドットコムQ&Aサイトにようこそ。ここではコミュニティメンバーに質問したり、回答を得ることができます。

【コラム】税制優遇制度が利用できるバリアフリーリフォーム

+4 評価

“バリアフリーリフォーム”とは、高齢者や病気・怪我により身体的に不自由になった人が、住み慣れた今までの住居で通常の生活を送るために、屋内の小さな段差を無くしたり、扉の開閉やトイレ・お風呂の使用時に、より快適な日常生活を送れるよう住宅を改修工事することです。

このバリアフリーリフォームを行う際に、税制優遇制度を利用すれば、“年末借入金残高×控除率”が所得税額から控除されます。また自己資金でリフォームを行った場合にも、ある一定の条件を満たしていれば所得税額から一定金額が控除されます。

住居者によって身体の症状は様々なため、どのようにその人に合ったリフォームを行っていくべきか判断しにくい場合は、住宅性能表示制度の高齢者等配慮対策等級の基準を参考にするとよいでしょう。

その中では大きく分けて『移動時の安全性』と『介助の容易性』の二つに対する対策の度合いを評価しています。優遇可能なバリアフリーリフォームの改修工事内容とそれに必要な工事費用など、両面を照らし合わせながら検討していくことをお勧めします。

 

自宅での車椅子生活を可能にしたバリアフリーリフォーム

自宅での車椅子生活を可能にすることを目的としたバリアフリーリフォームの一例をご紹介します。
この方の場合は、一度に全てをリフォームするのではなく、数回の段階に分けて改修工事が行われました。

まず初めに行われた改修工事内容は、トイレ周りの扉・便器・内装の改修と、身障者用ユニットバスの浴室と身障者用の洗面台を、寝室に隣接するように設置しました。応接室や廊下・玄関には手すりを付け、段差解消のために式台二段を設置。さらに寝室には床暖房を導入しました。

次に行ったのは主に耐震改修と、冬の寒さが特別に厳しい地域の住居だったため、外壁や屋根を外断熱に改修しました。屋内については車椅子用のキッチンの設置と廊下に車椅子ガードの設置、そして勝手口付近の段差をなくす改修工事を行いました。

最後に、屋内から庭までの通路を車椅子のまま移動できるよう屋外デッキを設置することによって、住居者が自宅でのガーデンライフを自由気ままに楽しむことが出来るようになりました。

一度に多額の費用をかけて全ての改修を行うのではなく、暮らしていきながら住居者に必要なリフォームを段階に分けてその都度行っていけば、無駄なリフォームを施すこともなく、よりストレスフリーの快適な住まいを手に入れることが可能となるでしょう。

質問 Aug 4, 2016 公開 提案 事務局 (7,800 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...