建築士ドットコムQ&Aサイトにようこそ。ここではコミュニティメンバーに質問したり、回答を得ることができます。

【エッセイ】国内林業が活性化すればスギ花粉症が減る

+2 評価

花粉症は、1960年代に入ってスギ花粉症と言う名前で知られるようになりました。原因としては、戦後間もなく林野庁が推進した成長の早いスギの植林が大きく影響していると言われています。戦前は計画伐採と植林でバランスされていた森林資源も、戦中・戦後の資材不足から一斉に皆伐され、その後の拡大造林政策で一斉に植林されたことから、植林後20数年経ってスギ花粉が大量に発生する状況となりました。

一斉に皆伐・植林したことで、その後の収入が途絶え、林道が荒れ、設備の老朽化が進みました。これが、国内林業の生産性の低さに拍車をかけた一因です。また、欧米の林業が比較的ゆるやかな山間地あるいは丘陵地で行われているのに比べて、日本の林業は険しい山間地で行われています。国土の2/3を占める山間地面積と森林資源面積とが同じであることがそれを物語っています。国土が狭い上に山間地が多い日本では仕方がないことですが、この基本的な条件の差が必然的に生産性にも現れています。

日本の森林資源の6割を占める人工林の成長は、毎年約1億立法メートルほどと言われています。それに対する国産材の供給量は、2000立法メートルほどで、累計蓄積量がますます増える状況にあります。この人工林の樹種には、花粉症の原因であるスギとヒノキが多く、合わせて70%近くを占めています。林野庁では、花粉を減らす品種改良や花粉の少ない樹種に植え替える等の対策が検討されています。しかし、現在の累計蓄積量にあるスギやヒノキの消費が進まない限り、根本的な解決にはならず、蓄積量が毎年増えている現状では、早期の解決には繋がりません。

国はCLT協会や日本住宅・木材技術センターなどと連携し、2016年4月に新設・告示した内容に基づくCLT建築の普及促進を目的として、解説書や設計・施工マニュアル並びに講習会を開くと発表しました。CLT(Cross Laminated Timber)とは、ひき板を並べた層を板の層ごとに繊維方向が直交するように重ねて接着した大判のパネルを指します。JASでは直交集成板と呼んでいます。これは、国産材の活用を促進するもので、2024年までに50万立法メートル の生産・供給を目指しているとのことです。また、同様の趣旨で国産スギを使った異樹種集成材のJAS規格が既に設けられています。

このように国は、国産材の活用を促進し、持続可能な森林資源を目指し、ひいては花粉の発散の減少につなげようと様々な対策を実施しています。しかし、現実には安い輸入材と生産性の低さからコスト高になる国産材との差は歴然とあります。一部には、林業への回帰として都会から地方への就職者が増えているとのニュースもありますが、林業全体としては、高齢化と過疎化が進んでいます。過疎化が進んだ山林では、間引き伐採や枝打ちなどが行われず、森林は過密化で光が届かず健全な樹木を育成する環境にありません。当然、木材としての品質は悪く伐採されることなく花粉を発散させるばかりです。決して持続可能な森林資源にはなっていないのです。

国内林業の活性化としては、先の建築資材としての活用を拡げる対策や、国産材使用に対する補助金の支給、さらには「木づかい運動」(平成17年度より実施)など様々に行っていますが、効果が現れるのはまだまだ先になると考えています。しかし、これらの対策や運動、さらには新たな木材の活用方法を模索して行く中で、少しずつでもやがては改善されていくと信じています。根拠は、まだ持続可能な森林資源とはなっていませんが、この世界有数の森林資源は日本の膨大な含み資産でもあるからです。やがては、この資産を有効に活用する時が必ず来ると考えているのです。

人は自然の力を借りなければ生きて行けませんが、自然もまた人の力を借りなければなりません。そして持続可能な森林資源の維持は、人と自然の共生で初めて実現できるものです。いつか、花粉症が減少した時は、国内林業が正常化した証と言えるかも知れません。

質問 Jun 11, 2016 公開 提案 事務局 (13,170 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...